ハーフ成人式って?娘のハーフ成人式で感動、娘へ手紙も書きました。

こんにちは。3児のママのパート主婦です。

 

突然ですが・・・、ハーフ成人式をご存知ですか

成人までのちょうど中間点である10歳、小学4年生の3学期にハーフ成人式として、小学校で式典を行います。

この式典いつから始まったのでしょうか・・少なくとも私が10歳のときにはないものでした(30年くらい前になりますが)。

今回はそんな謎の式典であるハーフ成人式の全貌、ドレスコードや、娘への手紙について紹介したいと思います。

 

我が子の成長に感動して泣いてしまいました。

1. 式の目的は?

このハーフ成人式いつから始まったものなのでしょうか?

公式なものは見当たりませんでした。

というのも、ハーフ成人式は学習指導要領には載っていないようです。

だから、各小学校独自の判断でハーフ成人式を行っています(総合学習の一環として)。

最近では、小学校の行事として全国的にも定着しつつあるようです。

娘の通う公立小学校では、普段中々言えない家族への感謝の気持ちや将来に向けての決意を言葉に表すことを目的にしているようです。

言葉に表し、言葉に表すことで言霊のように実現させていくことを狙っています。

2. ドレスコードは?

半分ではあるものの、成人式と名がついているので、私は少し気合いを入れ、こ綺麗な服装(黒いスカート、シャツとニット)で参加しました。

ですが、以外とみなさん普段着でした。

エッ・・・、ちょっと浮いちゃった?

比率にすると、3割りくらいのひとは少しキレイな格好をしていました。

子どもの服装も少しフォーマルにしてみたのですが、そんなに気を使わなくてもよさそうです。

寒い中(最高9℃)、短パンと半そでの子も少なくなかったです。

さすが子どもたち・・・元気です。

3. どんな式?

式の次第は次のとおりです。

  • 開会の辞
  • 10歳の決意(呼びかけ)
  • 家族への歌のプレゼント(「いきものがかり」のありがとう)
  • 親が書いた手紙の配布(サプライズ)
  • 閉会の辞

3.1 10歳の決意表明

親への感謝の気持ちや今まで経験した想い出を学年全員で「呼びかけ」をして、最後に一人一人が10歳の決意をみんなの前で改めて表明しました。

多かったのは、男の子でサッカー選手、女の子はファッションデザイナーでした。

3.2 歌のプレゼント

家族への歌のプレゼントは、ずっと練習していたようで、上手に歌ってくれました。

何でも音楽の先生は4年生の歌う歌が一番上手と言っているみたいです(笑)。

3.3 子どもての手紙のサプライズ

こちら、親が子供に宛てた手紙で完全にサプライズとなっています。

子どもはこの手紙の存在自体を知りません。

娘を通じて学校と保護者の間で、手紙の受け渡しをしますが、中身はガッチリと封がされています。

それを担任の先生から配られ、一人一人驚いた顔をしていました、手紙を読んで嬉し泣きしている子もいました。

娘も嬉しそうにしていて、帰ってから、改めてお礼を言われました。

すごく喜んでもらえたので(思ったことを書いただけですが…)、何かの参考になればと、内容を書かせていただきます。

今から約10年間の2008年11月に北海道で生まれた〇〇ちゃん。

〇〇ちゃんは、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、皆んなの願いが実って、無事に生まれて、そんなあなたを見ていると、優しい気持になったので、「〇〇ちゃん」と名付けました。

お父さん、お母さんも初めての事だらけで、初めて熱をだした時は、育児書を見ながら、重い病気じゃないかと心配したり、初めて寝返り、ハイハイ、タッチ1人歩きをした時は、とても喜んだり、〇〇ちゃんが成長すると共に、お父さん、お母さんも色々な事を学んで共に成長してきました。

普段は、恥ずかしくてなかなか言えないけれど、生まれてきてくれて、ありがとう。

私たちをお父さんとお母さんにしてくれて、ありがとう。

初めての子育てで、おそるおそるだったので、〇〇ちゃんも慎重な性格になったけど、好奇心は旺盛で何でも興味を持ち、積極的で明るく、弟や妹の面倒をよく見る優しいお姉ちゃんになりましたね。

お父さん、お母さんのお手伝いもよくしてくれて、とても助かっています。

また、頑張り屋さんで、勉強や習い事その他すべての事に一生懸命に取り組んでいて、そんな〇〇ちゃんに励まされ、誇らしく思います。

そんな〇〇ちゃんと過ごしてきた日々はお父さん、お母さんにとって宝物です。

〇〇ちゃんの今まで頑張ってきた事で無駄な事は何一つなく、これからの人生にも役立ち、財産となっていくことでしょう。

しかし、これからの人生、楽しいことばかりでなく、どんなに頑張っても報われないこともあり、辛い事もあると思います。

でも、そんな時は1人で悩まず、お父さん、お母さんに相談してください。

何歳になっても〇〇ちゃんのお父さんお母さんで、人生の先輩なので、何かアドバイスができると思います。

最後になったけれど、これからも何事にも挑戦して、なりたい自分になれるように家族と共に成長していけたら、良いなと思います。

一番は健康に気をつけて、後悔のない人生を送ってください。

お父さん、お母さんも〇〇ちゃんの健康と明るい未来が訪れることを祈っています。

これからもよろしくね!

お父さん、お母さんより

追伸

とても長い手紙になってしまったけれど、読書が好きな〇〇ちゃんには読めるよね。

分からない漢字や意味も出てくると思うけれど、調べてね。

調べてもわからなかったら、お父さん、お母さんに聞いて下さい。

この手紙、長いので表面だけじゃなく裏面にも書くことになってしまい、そしてあまりにも長いので、隣にいる同級生の男に「エグッ!」っと言われたようです(-.-)

ただし、娘は嬉しそうにニヤニヤと笑っていました。

まとめ

今回はハーフ成人式について、紹介しました。

改めて、娘が10歳まで成長してきた過程を振り返り、私を含めて将来のことを考えるいい機会になりました。

また、娘にとっては、みんなの前で発表する大切さ・・・、なんてものも育まれたとおもいます。

 

私はもうすぐ40歳になるので、そろそろ誰かダブル成人式を企画してくれないかな・・・人生の折り返し、節目な気がします(^_^)/

 

今回も長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です