【小学生】Kindle paperwhiteとUnlimitedで多読始めました。

こんにちは。3児のママのパート主婦です。

 

突然ですが、AmazonのKindleで『多読』始めます!!

 

現在、子供と多読に挑戦中なのですが、近所の図書館に置いてある自分のレベルに合った英語の本(絵本)は読んでしまったので、どうしようかと考えていました。

そんな中で「絵本が無料でたくさん見られるものってないかなぁ」とWEBで検索していたところ、見つけました!

Kindle paperwhiteとUnlimitedの存在を・・・(無料ではないのですが)。

さらに、Kindle paperwhiteがAmazonの初売りで2000円引だったので、つい買ってしまいました。

そんな訳で、今回は購入したKindle paperwhiteと加入したKindle Unlimitedにより、多読してみた結果についてお話します。

1. Kindleについて

Kindleには本を読むためのリーディング・マシンと読み放題のプランがあります。

まずは、購入したたリーディング・マシンであるKindle paperwhiteについて説明します。

1.1 Kindle paperwhiteの購入

リーディング・マシンは数種類あり、中でも最もコスパが高いのがKindle paperwhiteになります。

Kindle paperwhiteはサイズ(容量)、モデル、接続方法で自分に合ったものをチョイスできます。

1.1.1 サイズ(容量)

サイズ(容量)は「8GB」と「32GB」がありますが、Unlimitedの他に自分で本を購入して本体に入れないのであれば「8G」で十分です(Unlimitedで同時に本体に保存できるのは10冊ですし・・・)。

つまり、容量の大きい漫画などをUnlimitedとは別に購入して保存する人は大きなサイズの32GBにする方がいいみたいってことですね。

1.1.2 モデル

モデルは「広告つき」と「広告なし」があります。

他者様のブログなどを拝見すると「広告つき」も気にならないとありますが、私は子供も使うことを考えて「広告なし」を選択しました(2000円高い)。

1.1.3 接続方法

接続方法は「Wi-fi」と「4G回線」のものがありますが、家にWi-fiがあればまず4G回線のものは必要ありません。

4G回線のものは約5000円程高額になります。

自宅でWi-fi回線がない場合は4G回線が必須になります。

1.2 Kindle Unlimitedへの加入

これは月額980円で和書12万冊、洋書120万冊以上が読み放題になるプランです。

多読のように次から次へと読んでいく必要がある人にとっては、ホントに便利でお得です。

いや、むしろこの月額制じゃないと破産してしまいます。

一度に読めるのは10冊までですので、読んだものから本を入れ替えていきます。

図書館で借りられる本は全部読んじゃったとか、新しい本を読みたいとかのニーズに対応していると思います。

詳しくは、↓公式サイトをご覧ください。

【公式サイト】Kindle Unlimited 読み放題

補足として、Amazonプライムに加入していてたら無料で読める「Prime Reading」という制度もありますが、読めるタイトル数が少ない(1000冊弱)ので多読としては向いていません。

そもそも「Prime Reading」には、洋書はほぼゼロですし・・・。

2. 多読のための初期設定

2.1 Kindle paperwhiteの初期設定

Amazonから届いたのがこちら。

早速開けてみたいと思います。

 

開けてみると、中にはまた紙製の箱が入っていました。

さらに開けると・・・。

 

本体です。

電源スイッチが下部についていることがわかるので入れてみると・・・。

 

表示しました。

デジタルインクは見易いです。

また、ブルーライトも出ていないので目に優しく疲れません。

 

では、初期設定をしていきます。

言語はもちろん日本語です。

 

しばらく待つと・・・。

起動しました。

 

続いて、Wi-fiへの接続設定です。

また、スマホにもKindleアプリを入れることで同期することができます。

 

簡単なチュートリアルが終わると・・・。

トップメニューが表示されました。

 

最後に、電源を切った状態です。

絵が表示されていても、インクと同じなので電池はほとんど減ってないです。

2.2 スマホも同期

スマホもこの↓アプリをインストールすれば同期することができます。

 

ですので、スマホでもKindle Unlimitedの本が読み放題となる訳けです。

早速、アプリをインストールして・・・。

Amazonにログインすれば、開始することができます。

ただし、10冊の制限は変わりませんので、ご注意を・・・。

3. Kindle unlimitedで多読した本の紹介

洋書は120万冊あるので、英検5級の子でも多読はできる本はたくさん見つかります。

一日1冊くらいを目安に、それぐらいが読めるレベルのものを選んでます。

洋書の絵本で有名どころの本はunlimitedにないことが多いですが、検索すればたくさんの絵本を入手することができます。

検索キーワードとして例えば、

  • picture book
  • child’s book

などです。

ストアでこのキーワードを検索するだけで多くのunlimitedの本を見つけることができます。

では、具体的にどのような本があるかと言いますと・・・。

最近読んだものを例として記載します。

この本は木ノ上が好きな少年のお話で量が多く簡単な英語を使っているので今のレベルにピッタリです。


The Terry Treetop & Abigail Book Collection: Short beginner reader chapter picture children book stories.

 

次のこの本もベッドタイムのお話として、シリーズが多くあります。

また、内容も読みやすく楽しめるものとなっています。


Bedtime stories for girls : ( kids story book, children’s bedtime story)

たくさんあるので、これからも適宜紹介していきたいと思います!!

まとめ

今回は、多読をするために試行錯誤しながら、効率的な一つのやり方に辿り着いたので、そのご紹介をしました。

Kindle paperwhiteとunlimitedを上手に使うことで効率的で効果的な多読を実践できると思います。

長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)