iKnow英単語、要復讐アイテムが増えてく・・・(-_-;)

こんにちは。3児のママのパート主婦です。

 

英検3級の合格に向けて、小学5年の娘がiKnowで英単語の暗記しています。

iKnowは脳科学に基づいて復習ができるので、効率的に英単語を覚えることができます。

ですが、新規アイテムをたくさん増やしているので、要復習アイテムが、どんどん増加しています( ゚Д゚)

復習しても、復習してもどんどん増殖してしまうので、キィーーっとなってしまう時があります(苦笑)。

ちなみに、要復習アイテムとは、脳科学的に学習するタイミングが最適な単語を言います。

 

これは良くも悪くもiKnowが暗記に最適な単語や覚えている単語など、見える化されているからです・・・。

 

今回は、そんな英検3級の受験に向けて学習しているiKnowで、要復習アイテムを消化するための方法や単語の暗記状況などについて、お知らせします。

英会話(子供英会話ページ)

1. 現在の学習状況と要復習アイテム数

英単語を学習している理由は長期的には、「英語で外国人とコミュニケーションを取りたい!」とのことですが、短期的には、やはり「英検3級に合格したい!!」というものです。

そこで、まずは英検5級と4級を受けたときのiKnowで習得した英単語の数を見てみましょう。

まずは、5級受験時の英単語です。

英検5級受験時

次に4級を受験した時の英単語です。

英検4級受験時

コツコツ学習しているので、5級から4級で単語数が増加していますね。

 

しか~し、英検3級の受験となると、5級から4級の時よりハードルが高くなります。

とあるサイトや英検3級の問題集などをみると、語彙数1,800個とありました。

 

ですので、当面の目標は語彙数を1,800個にするべく、新規アイテムをどんどん増やしていました。

現在の状況がこちら、

目指せ語彙数1,800個

新規アイテムを増やしているので、「まだまだ」がどんどん増えていきます。

そうすると、どうでしょうか・・・。

要復習アイテムが、増殖してしまいました(苦笑)!

要復習アイテム1,000個超え

ちなみに、5級を受験したときの要復習アイテムは200くらい。

4級を受験した際は、10個くらいでした。

では、サボっているのかと言いますと、決してそうでは、ありません。

むしろ頑張っています。

では、なぜ要復習がここまで増えてしまうのか・・・

2. どうしましょうか・・・

英検3級の語彙数である1,800個を目標に、新規アイテムを急速に増やしていったので、復習が追いつかず、要復習アイテムをが増加していったのは明らかです。

では、どうすればいいのか・・・。

対策・・?としては次のようなものが考えられます。

  • 目標とする数を減らす
  • 新規アイテムを減らす
  • 復習量を増やす
  • 気にしない

今回はせっかくやる気なので、とりあえず語彙量が1,800個になるまで新規アイテムの増加は止めずに(1日10個)、復習も今まで通り(1日200個)行うことにしました。

要は、気にしないというものです。

iKnowが教えてくれる要復習のタイミング通りにはならないかもしれませんが、新規アイテムが出尽くせば、自然と要復習アイテムも減ってくると思います。

 

ちなみに、4級のiKnowにある語彙は下に示すように、772個のアイテムがあります。

 

これが、3級の語彙になると、一気に増えまして1,557個のアイテムとなります。

 

iKnowでは、自分がどのレベルの単語をどれくらい、覚えているかというのが把握できますので、昔と比べると単語学習がホント進化しています。

まとめ

なんだかんだ言っても、英単語に関しては毎日少しづつ着実に暗記することが大切ですよね。

iKnowについて、さらに気になる方は、↓↓↓iKnowに関する情報はこちらから【公式ページ】↓↓↓、確認してみてください。

【公式サイト】

 

また、モチベーションが下がるかもしれないので、要復習アイテムが500個を超えたら、少し新規のアイテムを減らすとか、違うやり方もあるかもしれませんね(^_-)-☆

少しづつ自分に合うやり方を見つけていけばいいと思います。

 

今回も、長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)