【簡単説明】移調を理解するために、曲「赤トンボ」を移調してみました。

こんにちは。3児のママのパート主婦です。

今回は音楽の「調」について、お話しします。

本やネットの解説では難しく理解に苦しんだので、分かりやすいように丁寧かつシンプルに説明いたします。

また、記事の最後には、色々な「調」の赤とんぼをお送りします。

1. 調の命名法

調が難しい原因の一つに日本語名である「ハニホヘトイロハ」で表記していることがあると思います。

まずは、参考にイタリア語と日本語の音の対比表を示します。

イタリア語 ファ
日本語

 

さらに、日本語で♯は嬰(エイ)、♭は変(ヘン)で表しますので、ハ長調の半音上がったものは嬰ハ長調と表記します。

調の命名法は単純にどの音を主音にしているかで決まります。

主音は音の階段の1段目をどの音にするかによって決まります。

1段目をなんの音にするかは、作曲者の好みで決まります。

音の階段については、次の項で説明します。

2. 音の階段を理解しよう!!

音階を階段に見立てて書いてみます。

この階段は2種類あり、1段上がると「全音上がる階段」と「半音上がる階段」があります。

そして、半音が出てくる位置は長調と短調でそれぞれ決まっています。

2.1 長 調

長調とは、全音と半音の並び方が『全音→全音→半音→全音→全音→全音→半音』になるものです。

白い鍵盤が隣り合っている「ミ~ファ」と「シ~ド」の2箇所が半音で、それ以外は間に黒鍵があるので全音です。

ミとファの間は半音ですので、ミ♯はファになります。

2.1.1 ハ長調

最もわかりやすいドを主音としたハ長調です。

音の階段(ハ長調)

ハ長調

 

2.1.2 ト長調

続いて、ト長調です。全音と半音の並び方を『全音→全音→半音→・・・』にするために、♯が一つ、ファに付きます。

音の階段(ト長調)

ト長調

 

2.2 短 調

短調とは、全音と半音の並び方が『全音→半音→全音→全音→半音→全音→全音』になるものです。

一般的に暗い曲になると言われています。

音の階段(イ短調)

イ短調

 

3. 赤とんぼを色んな調に書き換えてみました!!

誰もが知っている曲「赤とんぼ」を色々な調に書き換えてみます。

参考までに、ハ長調とニ長調は楽譜も示します。

3.1 ハ長調(主音:ド)

ハ長調(赤とんぼ)

 

3.2 ニ長調(主音:レ)

ニ長調(赤とんぼ)

 

3.3 ホ長調(主音:ミ)

 

3.4 ヘ長調(主音:ファ)

 

3.5 ト長調(主音:ソ)

 

3.6 イ長調(主音:ラ)

 

3.7 ロ長調(主音:シ)

 

4. まとめ

今回のまとめは次の2つです。

  • 調を変える移調を音の階段などから説明
  • 理解を深めるため、赤とんぼを色々な調に移調

これらで、皆さんの理解の助けになればと思っています。

本日は長文を読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)