小説「蜜蜂と遠雷」ピアニストのスケール練習

こんにちは。3児のママのパート主婦です。

 

みなさんは「蜜蜂と遠雷」を読まれましたか?

それとも映画を見ましたか?

 

まだな方はこちらからどうぞ。


蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

 

今回は「蜜蜂と遠雷」の登場人物の一人である栄伝亜夜の練習方法を真似るため、各調の音階(スケール)を楽譜にまとめました。

最初は楽譜を見ながらじゃないと難しいので・・・。

1. 蜂蜜と遠雷について

直木賞と本屋大賞をW受賞した奇跡の小説として幻冬舎文庫から発刊されています。

私もおもしろくて一気に読みました。

特に本を読んでいるうちに、文字で音楽を聴いているような感覚になるところが、この本のすごいところです。

時間を見つけて映画も見る予定です。

 

そんな「蜜蜂と遠雷」に次のようなシーンが出てきます。

よし。

椅子を調節し、蓋を開けてすぐにウォーミングアップのスケールを弾き始める。もう長年の手癖のようなもので、半音ずつ調を上げていく。

しかし、頭の中ではマサルのカデンツァが鳴り響いて・・・

蜜蜂と遠雷(下)より

 

ドレミでもいいので、スラスラと色々な調を引くことができたあら、カッコいいと思いませんか?

私は素人ですので、それだけで「オー!」っとなってしまいます。

それに音楽の知識も深まると思ったので、このウォーミングアップのスケールを楽譜にまとめました。

こういうのって簡単すぎてなのか、なかなかないんですよね・・・。

けど、最初は楽譜を見ながらじゃないとわからないですし・・・。

 

栄伝亜夜のように、練習の最初はこれで始めるってのもいいかもしれません。

これをしばらく毎日練習すれば、様々な調についての知識が深まると思います。

2. スケールの練習

スケールの練習は全部で4種類用意しました。

片手と両手、音程を全音ずつ上げていくものと半音ずつ上げていくものです。

2.1 片手(全音ずつ)

片手(半音なし)

【ダウンロード】スケールまとめ片手(全音ずつ).pdf

 

2.2 両手(全音ずつ)

両手(半音なし)

【ダウンロード】スケールまとめ両手(全音ずつ).pdf

 

2.3 片手(半音ずつ)

片手(半音あり)

【ダウンロード】スケールまとめ片手(半音ずつ).pdf

 

2.4 両手(半音ずつ)

両手(半音あり)

【ダウンロード】スケールまとめ両手(半音ずつ).pdf

 

3 まとめ

蜜蜂と遠雷の栄伝亜夜が長年の手癖のように練習しているスケールについて、実際に同じように練習できるように、音符を並べ楽譜?のようなものを作りました。

これを見ながら練習することで、私たちも栄伝亜夜のようにスラスラと弾けるようになるかも・・・(笑)

ちなみに、栄伝亜夜はかつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった20歳の女性です。

 

弾けるようになったら、カッコいいですね(^_-)-☆

 

今回も、長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)