プログラミング学習の前にローマ字を覚えよう!(小学2年生)

こんにちは。3児のママのパート主婦です。

 

今回は、小学2年生の息子が英語の勉強をする傍ら、ローマ字を覚え始めましたので、その学習内容についてお知らせします。

 

ローマ字を始めた「キッカケ」は、夫が「2020年から小学校の授業でプログラミング学習が始まる。我が家も何か取り組もう!」と息巻いたことです。

プログラミングをするためには、当然パソコンが使えなければなりません。そのためには、タイピングとローマ字を覚えることは必須です。

夫は小学校でプログラミングが始まるとか言っていますが、自分が子どもとプログラミングで遊びたいのだと思います。

小学5年生の姉もいるのですが、姉がローマ字を覚えたのは小学4年生の頃です。

覚えたのはいいですが、夫のプログラミングの教え方が悪いのか、あまり興味を示しませんでした(苦笑)。

でも、英会話は楽しそうに続けています。

女の子はあまり興味を示さなくて当然なのかな、私もあまり興味ないですし・・・(笑)

今回は小学2年生の男の子なので、男同士楽しむんだと言っています(^^♪

1. ローマ字を覚えることのメリット

当然、アルファベットを覚えることから始めますので、ローマ字を覚える過程で色々なことを学ぶことができます。

ローマ字を学ぶことで、例えば、パソコンのタイピングができるようになりますし、英語にも強くなると思います。

また、小学2年生だと、駅などで簡単な漢字でも読むことはできません。

フリガナは振っていないので、自分がどこにいるのかは、放送を聞かないと、わからないのです。

しかーし、駅名には必ずローマ字も振ってあるので、読むことができるようになります。

そして、自分の現在地を認識することがてきます。漢字が読めなくてもオッケーです。

 

ちなみに、現在の小学校の教育では、3年生でローマ字を習うことになっています。

単元としての時間は、とくに決まってないません。

また、目標はローマ字の表を見ながら、ひらがなに変換できることです。

表を見ながらですと、自由に使いこなせてはいないので、まだまだこれからという段階ですよね。

小学3年生はローマ字の入り口を勉強するといった印象です。

2. 学習教材はどんなものを使っているの?

では、我が家の小学2年生の男の子は、どのように学習しているかについて、書いていきます。

今まで、次のような方法試してみました。

  • Tux Typing(アプリ)
  • チャットで「しりとり」
  • 小学生のための タイピング スタディブック
  • 特打ヒーローズ名探偵コナン コレクション

1つ1つ簡単に説明します。

 

2.1 Tux Typing(アプリ)

このペンギンのアプリ、Windows 10版もあるのですが、もともとはLinuxで使用されていた定番タイピングソフトです。

無料なのがいいところですが、日本語が出てきませんので、ローマ字を覚えるという点では、不向きです。

ですが、アルファベットの位置や慣れることができます。

それに、初級者から上級者まで幅広く対応していますので、なかなか面白いのです。

 

ペンギンが1文字づつ魚を食べていくゲーム。

他にも、ミニゲームが多くあります。

2.2 チャットで「しりとり」

最初はこの方法をおススメします。

パソコンを2台用意し(1台はスマホでも可)、そことチャットを使って『しりとり』をするものです。

私は、デフォルトで入っている、スカイプを使いましたが、LINEでもなんでも、OKです。

これを最初にやることで、わからない時は聞きながら、ゆっくりとローマ字とタイピングを覚えることができます。

考えながら打ってくれるので、考え方や打ち方はマスターできるはず・・・。

子どもは「しりとり」好きですしね(^^)/

2.3 小学生のための タイピング スタディブック

続いては、タイピング スタディブックという本です。

小学生のためのタイピングスタディブック

この本には基本的なタイピングのやり方やローマ字の覚え方などわかりやすく書かれていました。

そして、タイピングゲームをダウンロードすることができたので、楽しみにしていました。

本にはフリガナも振ってあるので、当然ダウンロードするタイピングゲームにも振ってあるものだと思いましたが、やってみてびっくり・・・ゲームにはフリガナが振ってない( ゚Д゚)

この本、漢字が読める子、小学4年生くらいからですかね・・・。

惜しい!!

2.4 特打ヒーローズ名探偵コナン コレクション

私が最も効果の高くおススメできるのが、このコナンのゲームです。


特打ヒーローズ 名探偵コナン Collection(最新)|Win対応

ですが、このソフトを購入するときに注意点があります。

それは、必ずCollection(コレクション)を購入するということです。

上のリンクはコレクションとなっています。

このコレクションがたくさんのソフトがパッケージになっていて大変、お得です。

パッケージに入っているソフト

 

ちゃんと漢字にはフリガナが振っています。

 

初心者から上級者まで使えるソフトが盛りだくさんです。

また、タイピングだけでなく、空間把握の問題や、神経衰弱、パズルなど、名探偵コナンらしく、頭を使うゲームが目白押しです。

小学2年生には少し難しいソフトが多いですが、できるソフトもあるので、徐々にできるソフトが増えていくと思います。

ちなみに、小学5年の娘もこのソフトが大好きです。

 

このフリガナを振ってあるソフトってなかなかないんですよね(^^)/

まとめ

今回はローマ字を学習するにあたって、どのような教材で学習するかについて、実践した内容をまとめました。

次回はローマ字を学習するときに手元に置いておきたくなる、学習するのに最適な、早見表を作成しましたので、アップしていきたいと思います。

小学2年のこの時期に、掛け算の九九もやるので、一緒に覚えればなぁ・・・とか思っています。

 

それでは今回も、長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)