主婦が合同会社を設立したので、税務署等へ提出した申請書4つ

『合同会社を設立したら、市区町村にも申請がいるって知ってますか?』

こんにちは。パート主婦で3児のママです。

はじめに

「なんで法務局に申請したら、自動的に税務署にいかないのかな?」とか思いながら税務署に申請を提出しました。しかも、提出した書類は、全て手書きです(ワードファイル等でダウンロードできないので・・・)。

提出する書類は次に示す書類で、3箇所への申請が必要になります。ざっくりと言うと国、都道府県、市町村でそれぞれに申請が必要です。

申請書類

  • 法人設立届出書(税務署)
  • 法人設立届出書(都道府県の税事務所)
  • 法人等の新設・異動申告書(市区町村の役場)
  • 青色申告の承認申請書(税務署)

なお、「給与支払事務所等の開設届出書」は当分、人を雇う予定はなく、役員報酬(給与)も出さない予定なので、提出しません。

1. 法人設立届出書(税務署)

この書類は税務署に提出します。所管の税務署は本店の所在地によりますので、確認しましょう。

法人設立届出書

書式はここからダウンロードできます。本店の所在地によらず、書式は同じです。

【リンク】内国普通法人等の設立の届出

一緒に提出するもの(登記事項証明書の提出は必要なし)

  • 定款等の写し
  • 株主等の名簿
  • 設立時の貸借対照表

1.1 設立時の貸借対照表

法人設立届出書と一緒に提出する設立時の貸借対照表です。下を参考に作成してください。

設立時の貸借対照表

【ダウンロード】設立時の貸借対照表.docx

1.2 株主等の名簿

次に株主等の名簿になります。

社員の名簿

【ダウンロード】社員の名簿.docx

2. 法人設立届出書(都道府県の税事務所)

私は北海道に本店がありますので、札幌の税事務所に申請します。

法人設立届出書

書式はそれぞれの県庁ホームページ(税事務所)に記載されています。

一緒に提出するもの(★印は「1. 法人設立届出書(税務署)」で提出したものと同じもの)

  • 登記事項証明書
  • 定款等の写し(★)
  • 株主等の名簿(★)
  • 設立時の貸借対照表(★)

3. 法人等の新設・異動申告書(市区町村の役場)

こちらも市区町村に申請書がありますので、確認しましょう。

法人等新設・異動申告書

一緒に提出するもの

  • 登記事項証明書
  • 定款等

4. 青色申告の承認申請書(税務署)

税制上かなり有利になるので、青色申告の承認申請書もこのタイミングで申請します。

青色申告の承認申請書

申請の書式は↓からダウンロードできます。

【リンク】青色申告書の承認の申請

おわりに

今回は設立した後に申請が必要になるものを説明しました。申請は設立後10日以内とか短い期限の地方自治体もあるので、よく本店所在地の地方自治体に確認しましょう。

それでは、今回も長文をご覧いただきありがとうございました。

次回は『銀行の口座の開設』について説明します。銀行口座開設にもハードルがありますので、みなさんと共有できたらと考えていますので、宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)