【2019年】卓上ライトの決定版

こんにちは。3児のママのパート主婦です。

子供の勉強机があるのですが、小学1年生の息子はなぜか食卓に勉強道具を持ってきて勉強することが多いのです・・・(汗)

わからないところはすぐに教えることができていいのですけど・・・。

そんなこんなで、食卓は勉強するにはちょっと手元が暗いので食卓で使えるライトが必要かなと思い購入しました。

今回の記事は、購入したTaoTronics社製の卓上ライトTT-DL029について、詳しくレビューいたします。

まずは結論です。

我が家には高いのから安いものまで、卓上ライトが4つありますが、これから紹介するものは、それらと比べても非常にパフォーマンスが高いです。

さらに価格が安いのでコスパ最高だと思います。

1. TT-DL029の外観とスペック

1.1 外観

Webで色々と検索・検討した結果TaoTronics社製の卓上ライトTT-DL029をAmazonで購入しました。

こちらがAmazonから送られてきたTT-DL209です。

TaoTronics社(タオトロニクス)はあまり聞きなれない会社ですが、自撮り棒やワイヤレスイヤホンなどを先進国を中心に販売している国際的な会社です。

 

箱を開けてみたらこんな感じです。

取り出してコードをコンセントにさせばすぐに使うことが出来ます。

 

立たせるとこんな感じです。

ライト部を支える台は丸型が多いのですが、今回ご紹介するは収納しやすい四角型で、安定感もあります。

 

安い割にかなり多機能なものになっています。

消灯タイマ―、ナイトライトの点灯、輝度は5段階、色温度も5色あります。

 

全長は約70センチあります。

 

ライト部は約25センチです。

この部分が小さいと卓上ライトとしての性能が乏しいものになります。

 

5色の色温度に変更できますので、暖色系と白色系のライトが付いています。

 

それぞれ別にも点灯し、こちらは暖色系です。

 

そして、こちらが白色系です。

 

ナイトライト機能もあります。

柔らかい光で豆電球の替わりになります。

 

実際に使ってみるとこんな感じになります。

1.2 TT-DL029のスペック

モデル TT-DL029
光源 LED
動作電圧 DC 10V / 1.2A
USB出力 DC 5V / 1.0A
パワー 8W
ルーメン 442 lm

 

ライト部を支える台にUSB出力がついていますので、食卓でスマホを充電が可能です。

また、2色のLEDライトを使用しているのでTPOに応じて使い分けることが可能です。

例えば、食事の時に少し明かりが足りないとおもったら、暖色系の明かりにします。勉強するときは字が見易いように白色系にします。

2. TaoTronics社製卓上ライトの比較

TaoTronics社製の卓上ライト類似シリーズの比較表です。

画像はAmazon へのリンク
型番 TT-DL029 TT-DL13 TT-DL036
使用電圧 DC 10V/1.2A DC 10V/1.2A DC 10V/3A
消耗電力 12W 12W 12W
ルーメン 442 lm 410 lm 410 lm
調光 5段階 7段階 7段階
色温度 5種類 5種類 5種類
充電出力 USB出力可能 USB出力可能 Qi ワイヤレス充電 & USB

この卓上ライトの比較表から、TT-DL029が一番コスパの高いです(価格はAmazonから最新のものをご確認ください。)。

まとめ

このシリーズは人気が高く最優秀セラー賞を獲得しています。

また、有名人もおススメしています。

私もホントにコスパが高いと思うのでおススメしたいです。

 

最後に、最近イヤホンも購入したのですが、卓上ライトと同じTaoTronics社(タオトロニクス)製で同じでした・・・。

この会社、本社は米国にあるようですが最近急速に伸びています。

卓上ライトはそのときの状況に合わせて輝度や色温度を変更できるものを選び、目を疲れにくくすることが、長時間の読書や勉強に必須になりますので、今回紹介しましたTT-DL029をご参考にしていただければと思います。

 

今回も長文を読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)